昨日、山形市では早くも、毎年恒例の「日本一の芋煮会」が開催されたみたいです。



K10041978911_1309011951_1309011958_01
 
山形の秋の郷土料理として知られる「芋煮」を直径6メートルの大鍋で作ってふるまう、恒例の「日本一の芋煮会」が、山形市の河川敷で開かれました。「日本一の芋煮会」は直径6メートルの大鍋で煮込んだおよそ3万食分の芋煮をふるまう催しで、山形の秋の風物詩となっています。会場の山形市の河川敷では朝早くから、里芋3トンや牛肉1.2トンなどの大量の食材が大型の機械を使って鍋に入れられ、しょうゆと酒、それに砂糖で味付けした芋煮が1杯300円で販売されました。
山形で「日本一の芋煮会」-NHKニュース

 
 

山形県民には無くてはならない「芋煮会」

山形県民の秋の楽しみは、なんといっても「芋煮会」\(^o^)/
秋になると県内では大小問わず、芋煮会がそここで行われます。

 

今年も楽しみですね~。
芋煮会はほんと毎週しても飽きないから不思議。

 

山形県の芋煮は牛肉入りですが、
地域によっては豚肉を使います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
わたなべ
アートと自然を愛するライフスタイルデザイナー。日々の暮らしの中で、心地よく感じるモノ・コトをシェアします。