豆苗(とうみょう)の力

By: けんさの

高い!高い!高い!
暑い夏が終わり、一気に気温が寒くなりました。
急いで押入れから毛布を出していつでも被れるようにスタンバらせてあります。

 
そんな冬支度も始まろうとする中、猛暑の影響を引きずっているものがあります。
“野菜”の価格です。 
 
高い!高い!高い!思わず二度見、三度見する勢いです。
 
「○○ちゃん、今日の夜ご飯は、肉だけの炒め物と、肉だけサラダよ!」
そんなほのぼのしない会話が聞こえてきそうです。
 
野菜嫌いの子供にとっては、ムフフかしら(楽) ・・・ ダメです!ちゃんと野菜採らないと!



そんなこんなで、今回は「食」がテーマです。

ここに ↓ 野菜を採らなければならない理由がズラズラ(カツラじゃないよ)
とかかれてあります。
NAVERまとめ 
 
家族、自分を守ること、家計を守ること。両方を守る救世主はいないのかしら。 
 
ジャーン! (懐し響き) いました! “豆苗” です! トオゥ! (懐) 
 
この豆苗、なかなか馴染みのない人のために説明します (wikipedia 読んでみる) 
 

豆苗(とうみょう)のプロフィール

 

エンドウの若菜。現在、スーパーなどでお目見えするのは豆から発芽させた幼い状態の 
エンドウが根付き、またはカットされて販売されているものである。 (wikipediaより)

 
そしてこの豆苗、多くの栄養を含んだ優等生なんです。
はなまるマーケットサイトより 
 

栄養 効果
カロテン、ビタミンC、ビタミンE 抗酸化ビタミン
ビタミンB 代謝を促す
ビタミンK 骨の形成に役立つ

 
また、栄養豊富だけではありません!値段が安い! 
 
わたしの家の近くにあるスーパーでは 98円で売られていました。 
 
お勧めのレシピは以下のサイトに掲載されている「豆苗のニンニク炒め」です。
これは絶品。あっという間にお皿の上から胃の中に消え去ります。 
 
クックパッド 豆苗レシピ より 
 
以上です。と言いたいところですが、これだけではありません。
 
この豆苗、いいえ豆苗様。1回きりの食べ切りものではありません。
 

一回で捨てないで!

 
2回は少なくても愉しめます。 
 
茎を切ったら、根と種が残るので、それを水をはったお皿のようなものに
入れておくと、三日ほどでまた元通り(くらい)に新しい芽が成長してくれます。 
 
豆苗 
 
このとおりにすぐ成長しちゃいます。 
 
ムスカがラピュタの飛行石(ヒコウセキ)周りに生え茂っていた草に驚いていましたが
まさか、とうみょ・・・うだったり?と思ってしまう程にボーボーです。 
 
あ~天空の城ラピュタまた見たくなってきたなぁ。
・・・じゃなくて、みなさんも豆苗一度ご賞味下さい。 
 
皆様の貴重な時間おじゃまいたしました。
 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
けんさの

けんさの

どうも、ponsan です。 マラソンが好きで、日々、走っています!自分を大切にすることが相手を大切にする前提と思っています。 元は整体師だったこともあり、健康意識が強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top