運や幸せは強く願いすぎると遠ざかる!?強運を呼び込むコツ

By: 心理カウンセラー 井上幸子

本田健氏の本はどれくらい読んだか分からないほど、たくさん読みました。

その中から、『強運を呼び込む51の法則』を選び、みなさんにご紹介したいと思います。先日、自分のブログ(三つ葉カウンセリング)でも紹介した一冊です。

誰もが読みたくなる本ですね。



「強運になりたい」と願いすぎると幸せを逃す

幸せと運は、似ているところがあります。それは、あまりにもそれを強く願うと、取り逃がすことです。

幸せになりたい、運がよくなりたいと思うこと自体はいいことです。しかし、あまり強く思いすぎると、かえって、「今は運が悪い」ということを無意識のうちに受け入れてしまうことにもなります。

「今は運が悪いので、よくなりたい」という思いの前半部分が潜在意識に深く入ってしまって、ますます運の悪い状況を引き寄せてしまうのです。幸せも同じです。「幸せになりたい!」と強く思っていると、今の幸せを取り逃がしてしまいます。

私には運がない、不幸だという人は、「今の幸せ」を忘れがちです。

健康である、住むところがある、家族がいる、仕事がある・・・・・。

こうしたことに対する感謝を棚上げにして、それよりも、今の収入が理想より低いこと、家族とコミュニケーションが十分でないことなど、不満な点ばかり意識がいってしまうのです。

幸せも、運も、気づくものであって、獲得するものではありません。「自分は幸せだな」と気づいて、静かに感謝できることが、さらなる幸せをつくり出します。
 
 

運と縁が、人生の質を決める

私は、ごく小さい頃から、人生の成功とは何か、幸せって何?ということにとても興味がありました。成功した税理士であり、経営者の父が、全然幸せそうでないのを見て、人生の意味をずいぶん前から考えるようになりました。

「成功すれば、お金持ちになれば幸せになれる」という幻想は、物心ついた頃には消えていました。逆に、「お金があると人は不幸になる」と思っていたほどです。私がこれまでずっと「人が幸せになる方法」を躍起になって追い求めたのは、小さい頃の原体験から来ていると思います。

人は、どれだけ資産を築いたか、社会的に成功したかでは、幸せになれないと私は考えます。

幸せには、もちろんいろいろなかたちがありますが、すばらしい人との出会いを通じて、自分のことを知り、才能を分かち合うことで、まわりの人に喜んでもらう、結果としてお金もついてくるような人生が、その一つだと考えるようになりました。つまり、よい運と縁を持つことは、幸せな人生を手に入れる鍵なのです。

大好きな人と一緒にいることです。
尊敬できる人と、一緒に仕事をすることです。
楽しい人をお客さんにすることです。

人生は、誰と会って、何を感じ、どう行動するかで変わってきます。いい運と縁を求めてください。
 

強運を呼び込む51の法則 本田健
 
運は、一瞬で変えることも、自在に操ることもできる—-。『ユダヤ人大富豪の教え』の著者が実践する「最高の人生」を実現する法。運のいい人、運のいい会社、運のいい場所……。運が悪いといわれるものと、運がいいといわれるものとの違いは、何か?本書では、著者が30年間、世界の名だたる成功者といわれる人たちと接するなかでつかんだ、「運をよくする秘訣」を伝授。(Amazon「内容紹介」より)

 

人との出会いが運と縁に繋がること、「幸せだな」と感謝する気持ちの大切さなど、本田さんの著書は、いつも学ぶことが多いです。

 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
心理カウンセラー 井上幸子

心理カウンセラー 井上幸子

女性専用カウンセリング。浮気・不倫・子育てなど、家庭の人間関係を中心としたお悩み相談を承っております。「心、体、命」の三つの観点からお客様の立場に立ったカウンセリングを行っています。
心理カウンセラー 井上幸子

最新記事 by 心理カウンセラー 井上幸子 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top