トランス脂肪酸の危険性とは?

By: まほろば自然彩園

皆さんは、トランス脂肪酸というのをご存知でしょうか?
人工的に加工した脂分に含まれており、動脈硬化や心臓疾患の原因となる悪玉コレステロールを増やすといわれているものです。
 
健康のためには、トランス脂肪酸に関する知識は知っておいた方がいいと思うので、以下にまとめていきたいと思います。

 

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは、水素をくわえて硬化させたマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングといった硬化油に含まれる成分で、天然植物油には一切含まれない成分です。
 
トランス脂肪酸には体の役に立つ機能がないため、摂取する必要はありません。
 
トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中の善玉コレステロールを減らし、逆に悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
 
悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化や心臓疾患の原因になったりします。
 
また、老化やガンの原因になる活性酸素をたくさんつくったり、他の重要な脂肪酸の機能を妨げるなどの悪い働きをしてしまいます。
 
 

トランス脂肪酸が含まれている食べ物

以下に示すものは、みなさんがよく口にする食べ物の中でも、トランス脂肪酸が多く含まれているものです。みなさんは以下の食べ物はよく食べていますか?
 

ぬりもの・オイル系

マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど
 

お菓子系

ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど
 

インスタント・レトルト系

カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど
 

ファーストフードやファミリーレストラン系

チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど
 

冷凍食品系

から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど
 
 

日本でのトランス脂肪酸への対策

日本人が食べるトランス脂肪酸の量は、WHO が定めた1日摂取許容量より低いため、日本での規制は特にないようです。
 

ただし、日本人の中にも欧米人並の摂取量に近い人も存在します。
 

なお、欧米では、トランス脂肪酸への対策には敏感であり、すべての加工食品にトランス脂肪酸の含有量を表記することが義務づけられていたり、トランス脂肪酸の使用が禁止されていたりします。
 

日本でも規制等をするべきではないかと思います。
 
 

以上となります。
 
自分はあまり食べ物に関しては無頓着ですが、食べる物は健康に深く関わってくるので、気を付けなければいけませんね。
 
 

参考

トランス脂肪酸を含む食品を避けて健康的に
すぐにわかるトランス脂肪酸
日本は大丈夫?トランス脂肪酸の規制がはじまる
トランス脂肪酸って体に悪い?食品チェック
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top