みなさんが、ダイエットをするために、まずは食べる物を変えてみようと思う方は多いと思います。
 
それで野菜やフルーツをたくさん食べるようにしようと考える人も多いとは思います。
 
ただ、野菜の力を過信するとダイエットに失敗するかもしれません。
 
野菜に関する「間違った思い込み」についてのお話です。

 

野菜で便秘が解消できない

 

「多くの日本女性の便秘は『筋力不足』が原因だからです。なぜ筋力が不足するかといえば、たんぱく質を十分に摂れていないから」 。

 

ダイエットにはお肉が必要と言われ始めています。
 

腹筋を鍛えるのはダイエットに効果があり、くびれもできて、そのほかの筋トレも加えれば基礎代謝もあがります。
 
 

野菜を食べても血液がサラサラにはならない

 

「野菜メインで、ほとんど肉系のものを食べない。そうなると、新しい血液を生み出す力が、どんどん低下します」

 

赤身のお肉のたんぱく質が足りないと、それ以外の栄養素をうまく使うことができなくなります。
 

食事で大切なのは、やはりバランスです。お肉を食べることも必要です。
 

神経質になりすぎるとストレスも溜まってしまいます。
 
 

生野菜で身体は冷えない

 

「この程度で体が冷えるということは、体温調節すらまともにできないほど、代謝機能が低下しているということなんです」

 
コンビニで、一人前用の生野菜サラダを食べるだけで寒くなってしまうとしたら危険信号です。
 
代謝を活発にするために、まずは体の準備が必要かもしれません。
 

代謝機能を高めるには、運動が手っ取り早いですが、
しょうがや大豆食品など、体を温める食事をするのもいいです。
 
 
やはり、あまり偏った食生活はよくないんですね。
野菜も肉もバランスよく食べないとだめですね。
 
 

引用

ダイエット効果は期待できない!? 野菜への間違った思い込み3つ
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。