ゼロカロリー飲料を飲むと、逆に太りやすくなる!?

By: 胃腸が弱い老BOY スナGO

ゼロカロリー飲料は、カロリーが少ないために太らないと思われていますが、ゼロカロリー飲料に含まれる人工甘味料が体にさまざまに影響して、肥満につながる恐れがあることが分かってきました。

 
巷にあふれる「ゼロカロリー」飲食品には、必ずと言っていいほど新種の人工甘味料が含まれており、その甘味料自体は、非常に甘みが強く少しの摂取で甘みを感じることもあり、カロリーを抑制する効果がありますが、実は怖い「副作用」があります。
 

人工甘味料を摂ることで、逆に空腹感が増したり、甘み中毒になることで、食べ過ぎてかえって太ってしまった、しかも、それ以外に心や身体に変化があったという事例がたくさん確認されています。
 
主には、「ホルモンに悪さをする」「味覚を鈍化させる」「依存性がある」という3つの原因が考えられるようです。肥満につながる人工甘味料の3つの作用については、以下のようになります。
 
 

ホルモンに作用し、体内に脂肪を蓄える

人工甘味料は、「肥満ホルモン」ともいわれるインスリンや、インスリン分泌を促す
インクレクチンなどに影響します。
 
インスリンが、人工甘味料を摂取した場合にも分泌されると報告されています。
 

また、人工甘味料(スクラロース)を飲んだときのほうが、水を飲んだときより、血糖値のピークが高くなるという研究報告も出ています。
 

ゼロカロリーの人工甘味料が、インスリンと血糖に影響し、この状態が続くとインスリンの能力が疲弊し、2型糖尿病へと進行する危険があります。
 
 

味覚を狂わせる

甘味の強い人工甘味料に慣れてくると、甘味に対する味覚が鈍っていきます。そうなっていくと、甘味を感じず、ついつい食べ過ぎたり、砂糖を追加したりするようになり、次第に、カロリーの摂り過ぎで肥満になります。
 
また、甘みセンサーは舌だけでなく、胃や腸、すい臓にもあり、胃にある甘みセンサーが甘味を感知すると、グレリンが分泌されます。グレリンは胃などから分泌されるホルモンで、脳の視床下部に働いて食欲を増やし、成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。
 

お腹がすいて、胃が空っぽになるとグレリンの濃度は上昇し、何かを食べて胃に食べ物が入れば、グレリンは減ります。
 

また、グレリンは脂肪を増やし、体重を増加させる作用があります。
 

食後に甘いデザートを食べても、まだ食欲を感じるのは、このグレリンの作用と考えられており、人工甘味料の甘さも、同じ甘みレセプターで感知されるため、ここでグレリンが働いて、さらに食欲が増えるということになります。
 
 

コカイン以上の依存性がある

人工甘味料の依存性は、コカインより強烈といわれているようです。
 
人工甘味料も、麻薬、覚醒剤やアルコールとまったく同じ作用で、依存症を起こすといいます。「甘み依存症」は、誰かに指摘されたり、自分で意図的に摂取を減らすまでは、全く気づかない場合も多いようです。
 
また、ドーパミンの乱れにより、中毒とも呼ばれるような依存症になっていきます。
 
 

飲み過ぎには注意が必要ですね

自分は自然の甘さではない人工甘味料はあまり信用していなかったので、ゼロカロリー飲料はあまり飲むことがなかったんですが、やはり飲み過ぎはよくないようですね。
 

とはいえ、普通の甘い飲み物も飲みすぎるとよくはないですが。
ほどほどにということですね。
 
 

参考

カロリーゼロにだまされるな本当は怖い人工甘味料の裏側
「ゼロ」カロリーなのに太る?!日本で知られていない、まさかのカラクリ
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
胃腸が弱い老BOY スナGO
どうも、スナGOです。毎日の通勤で腹痛に襲われる日々を抜け出すべく、体質改善中です(⇒現在は冷え取りと食生活の改善でほぼ解消できました!)。キモチは若いのに、外見はいつも老人に見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top