SHINZO-内閣が2018年の減反廃止を決めました。そもそも減反ってなに?農業界ってなんか謎だらけですよね。興味を持つ人が少ないがために、これほどの謎に包まれてしまったのか?業界では初歩的な事なんでしょうが、自分を含めた業界をよく知らない人たちのために、小さな謎を解明し、なるべく分かりやすく解説したいと思います。



 

減反政策(げんたんせいさく)とは?

減反政策とは、米の生産調整のこと。
 

簡単にいうと、
 
「田んぼでつくる米の量を減らし、他の作物をつくるよう、国が進めること」です。
 
「反」=「田んぼ」の意味。
 
ちなみにWikipediaには、

戦後の日本における、米の生産調整を行うための農業政策である。基本的には米の生産を抑制するための政策であり、具体的な方法として、米作農家に作付面積の削減を要求するため、「減反」の名が付いた。

とあります。
 
つまり米の代わりに別の作物をつくりましょう、と。同じ農地で別の作物をつくることを「転作」といいます。
 

わたしはこれまで、減反した農地を「放棄」か「放置」するんだと勝手に思っていましたが、そうではないようです。中には、転作作物を栽培せずに、放置されている農地もあるようですが…。
 
 

なぜ減反しなければならないのか?

では一体なぜ米の生産量を減らさなければならないのか?シンプルに考えれば「米が余っているから」ですよね。ではなぜ米が余ってしまうのか?その理由を知るには、戦前までさかのぼる必要があります。
 

ほんとうにあった「おしん」の話

戦前の日本は深刻な食糧不足でした。
 
東北の貧しい農村部などでは、家族を養うため「おしん」のように娘を売ることさえありました。
 
ほんの少し前の日本が、我が子を売らなければ生きられないほど深刻な状態だったとは、にわかに想像し難いことです。しかしそれは、ほんとうに起きた事実です。
 
当時の政府は、この深刻な食糧不足を脱するために、米の生産量を増やす必要がありました。
 

農家と消費者のために

政府は1942年に「食糧管理法」を制定。政府が農家から高い価格でお米を買い入れ、消費者に対しては安い価格で販売することで、農家が安心してお米を作れるように、また消費者に食料がじゅうぶん行き渡るようになりました。
 
これにより、米の生産量は大きく増加し、日本は食糧不足から脱することができたのです。
 
20140611_02
 
おかげで日本人の食生活はすっかり豊かになりましたが、国にとっては己の首を絞めることになっていきます。
 

豊かさの一方で・・・

ところが、1960年代になると一転して、日本国内にお米が余るようになりました。日本人の食生活の変化などによって、お米の消費量が減ったのです。
 
農家から買い上げたお米は売れ残り、大量の在庫米を抱える国の負担がどんどん大きくなっていきました。供給が需要を上回れば、ふつうは値段が下がります。主食の価格が下がることは消費者にとっては嬉しいことですが、米農家の生活はたちまち窮地に陥るでしょう。そうなれば米の国内生産自体が困難になります。
 
だから米の価格を下げるわけにはいかない。それには米の量(供給量)を減らさなければなりません。そこで実施された政策が「減反政策」です。
 
減反に協力した農家には、国が「戸別所得補償(こべつしょとくほしょう)」として、10アールあたり1万5000円を支給しました。
 
20140611_03
 
米の価格が下がらないように栽培量を減らし、補助金まで出しているのだから、一見して農家を守っているように見えますが、事はそう単純でもないようです。
 
今年から補助金が半額の7500円まで減らされました。2018年には「減反制度」と共に補助金が廃止されることになっています。補助金頼りの小規模農家では、自由競争において競争力を維持できないと考えられている為です。減反を廃止することで、大規模農家への生産集約や、農家の経営力向上などが期待されています。農業はいま、自立を求められているのです。
 
「補助金なしではやっていけない」という考え方がある一方で、「補助金に頼ってばかりいると、いつまでたっても農家の体力が養われない」という考え方もあります。農家のなかでも補助金に対しては賛否両論あるようです。
 
 

減反に応じない農家の運命

なかには減反に応じない強気の農家もいます。そんな農家には一体どんな運命が待ち受けているのでしょうか?以下は実際に起こった「減反に応じない農家」にふりかかった災難(?)の事例です。
 

「減反を守る人」とケンカ!裁判に

生産量をまじめに守っている人には、守らない人がこのように見える。
 ↓
「自分だけコメを多く作って、売ってもうけている」
 

まじめに国の政策に従ってる農家にしたら、不公平感を感じますよね、そら。地域では減反を「守る人」と「守らない人」が揉めて、裁判にまで発展したそうです。
 

「国」とケンカ!裁判に

政府には、守らない人がこのように見える。
 ↓
「国の政策に応じない目の上のたんこぶ」
 
「国」と「守らない人」が揉めて、裁判にもなったそうです。最終的には(当然に?)国が勝ちましました。
 

補助金が出ない

「戸別所得補償」は、「減反に応じたらお金をあげるよ」というルールのものなので、減反に応じない農家に補助金は出ません。
 
他にも、目立つことが許されないこの日本で、目立つことをしてしまった代償は、めんどくさいほどの災難として降りかかることがあるようです。
 
 

減反まとめ

  1. 戦後の食料不足のときに、政府が米の生産量を増やした
  2. 日本人の食生活は豊かになったが、今度は消費者の米離れが始まる
  3. 米が余る⇒ 米の価格が下がる⇒ 農家の収入が減る⇒ 日本の米作りが衰退… という事態を食い止めたい
  4. 政府が米の量を減らす「減反政策」をおこなう
  5. 減反した農家には、政府が補助金として10アール1万5000円の「戸別所得補償」を給付
  6. しかし補助金の存在は農業の規模拡大を阻害する⇒ 農家の国際競争力を育てたい(生産性を向上させたい)
  7. 2014年より「戸別所得補償」を半額の7500円に減額
  8. 2018年には「減反制度」及び「戸別所得補償」を廃止する⇒ 農業の自立・発展を目指す

 

参考

減反について
食糧管理制度と減反政策 ― かつての日本の農政
 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。