経済は自由競争のほうがよく循環する。そういう意味では日本の農業界も、ようやく自由競争に参加できそうな気配だ。政府の経済オンチは今に始まったことではないが、補助金を始め良かれと思ってやってきた国策も、結果的に農家の経営力をそぎ落とすことになってしまった。



 

減反が廃止になることで、農家は「本当の自由」を手にするのではないだろうか。
 

⇒ 過去記事:減反政策とは何か?農業界の謎をわかりやすく解説
 

減反は、補助金と引き換えに、国に生産量をコントロールされる。もともと減反に応じない農家もいるにはいるが、つながりを大切にする日本の農業界において、孤立することは避けられない。
 

たくさん米を作りたくても、自分ひとりだけ減反政策に加わらないわけにはいかない空気感が、業界内で漂っている。
 

しかし減反そのものが廃止されてしまえば、農家は誰に気兼ねすることなく、自分が売れると思うもの、売りたいと思うものを好きなだけ作ることができる。消費者側も価格だけでなく、味の好みや生産者など、もっと多様な選択肢から作物を選ぶことができるようになる。
 

もちろん、農家の経営力もそれなりに必要になるだろう。しかし、みんながみんな、意思に反して一斉コントロールを受けるような、おかしな状況はなくなる。また、自然な競争の中で、優れたものだけが後世へと引き継がれていくだろう。
 

国内のモノの価格がどんどん下っていく流れの中で、米だけが高いままというのがおかしかった。
 

これからは農業界にもロングテールの時代がくる。一口に米といっても、作る人が違えば全て違う味・品質のものが出来上がるのが自然の理。消費者は、より自分の好みにあった作物や生産者を選択できるようになる。
 

右向け右の、画一的な作物に違和感を覚える消費者の声も増加傾向にある昨今。世の中に本当に求められているのは何なのか、本当に必要とされるもの何なのか、ということに真剣に取り組んでいけたなら、世界はさらに良くなっていくのではないだろうか。
 

20140620_01
 
様々な要素を踏まえ、熟考してみたとき、自然栽培というのは課題も多いが、あらゆる面で魅力的だ。肥料も農薬もいらない。小規模零細農家でも、生き残っていく道は充分にある。
 
生き残るどころか、発展することも可能だ。現に需要はあり、それも少しずつ増加している。自然栽培の指導者の数も少しずつ増えている。
 
また、一部の自然栽培農家は、この減反廃止を受け、落ち込むどころか歓喜の歌を合唱している。減反廃止になれば、売れる作物をもっとたくさん作ることができる。自然栽培の作物は消費者に求められているのだ。
 

今はまだ価格が高い自然栽培の作物。しかし今後、需要が高まれば供給も高まる。自由競争の中で、価格は自然に落ち着いていくだろう。農家間の切磋琢磨で、さらに優れたものが創りだされていくことも、全体的にはプラスとなる。
 

自分が誇れるものを作り、経済的にも自立し、そうなってはじめて、百姓って楽しいよ!あんたもやってみなよ!って胸をはって言えるのではないだろうか。輝いている百姓はカッコいい!イキイキと輝く前向きな百姓がたくさん増えれば、「日本の農業の未来はめちゃくちゃ明るい!」と確信せずにはいられなくなるだろう。
 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。