夏の冷えにご用心!秋口に体調を崩しやすい人の特徴

By: まほろば自然彩園

だいたいいつもお盆を過ぎると涼しくなりますが、夏が好きなわたしにとっては、今年の夏もあとすこしかと思うと、ちょっと寂しいですね。
 
ところで、涼しくなるといきなり体調を崩す人がいます。秋口に風邪をひいたり、下痢になったり、熱が出たり。心当たりがある方もいるのではないでしょうか。
 
こうした季節の変わり目によく体調を崩す人は、消化器が悪いことが多いのです。消化器に毒がたまると、嘔吐、胃痛、食欲不振、倦怠感となって現れる人もいます。

 

夏は特に冷えに注意しなければならない

20140804_02
 

夏の暑い日差しを受けて上半身が熱くなると、足元は他の季節以上に冷えています。熱いからといって素足でいると、思ってる以上にカラダの芯が冷え切ってしまうことがよくあのです。
 

夏は心臓が毒を出す季節。また消化器は暑さに弱いという特性があります。
 

五臓六腑には互いに助けあったり、攻め合ったりする関係があるのですが、消化器に毒がたまると、なんとか自分を楽にしようと腎臓を攻めたり、心臓に助けを求めたりするのです。
 
しかし心臓は夏に毒出しをするので、消化器から回ってきた毒をあまり受け取ることができません。
「夏バテで食べられない」といいますが、夏は心臓のためにも食べ過ぎないほうがいいのです。
 
 

夏風邪の理由

20140804_03
 

夏の毒出しで忙しく、消化器の毒をほとんど肩代わりしてあげることができない心臓の代わりに、その毒を押し付けられるのは腎臓です。
 

つまり、夏だからといって素足で過ごしていると、上の図の相克によって、腎臓に毒がたまることになります。しかし腎臓は、臓器の中でも一番冷えが苦手です。悪くなった腎臓は、今度は心臓を攻めたり、肺に助けを求めようとします。
 

さらに酷くなると夏風邪や脱水症状のような形で毒出しをするので、気をつけましょう。
 

心臓病や消化器疾患のある人は、いつも以上に靴下の重ね履きや半身浴をして、足元をよく温めてください。
 
 

熱中症も冷えが原因

20140804_04
夏になると熱中症で亡くなられる方がいますが、これも足元の冷えにより、知らぬ間に体の芯が冷えてしまうことが原因です。
 
発汗による体温調節ができないので、上半身がどんどん熱くなります。血液の温度が上がっていくと、脳にもダメージが与えられます。
 
脳細胞は、40℃以上になると機能しなくなり、熱中症となって倒れてしまうという仕組みです。
 

夏によく食べる、そうめんや冷や麦、麦茶など。
麦は心臓にとって親の関係である肝臓の薬になります。肝臓の働きが良くなって心臓を助けることができるよう、昔から食事にうまく取り入れられているわけです。
 

昔ながらの知恵ってすごいですね。
 


これが本当の「冷えとり」の手引書
 

ワイルドクラフトの野菜が買えるお店↓
まほろば自然彩園ショップ
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top