200万匹に1匹の割合!超希少!青いロブスターが捕獲される – 米メーン州

真っ青なロブスターがアメリカで捕獲されました。

米北東部メーン州のスカーバラ沖で23日、珍しい青いロブスターが捕獲されたことが分かった。(SANKEI EXPRESS)
 
専門家によると、通常は赤いロブスターが青くなるのは遺伝子異常が原因で、約200万匹につき1匹の割合で生まれるという。
 
25日、AP通信が伝えた。このロブスターは父親と漁に出たメガン・ラプラントさん(14)が見つけ、「Skyler」と名付けた。
 
現在、3匹の仲間がいるメーン州立水族館で飼育されている。
 
 
[MSN産経ニュース] http://sankei.jp.msn.com/world/news/140827/amr14082719110003-n1.htm

 

ミーガンさんはこのロブスターを夕食にせずに、水族館に寄付したのだそうです。ラプラントさんは、青いロブスターを捕まえたのはこれが初めてだとコメント。
 
ちなみにこの水族館には他にも青いロブスターが3匹と、オレンジのロブスターが1匹飼育されているそうです。
 
なんとも神秘的なロブスターですね。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。