Chocoyuが選ぶ!本当においしい納豆アレンジ10選!in JAPAN

Chocoyuが選ぶ!本当においしい納豆アレンジ10選!

By: ロリータ Chocoyu

納豆食うひと色白美人。納豆食うひと腸キレイ。納豆血液サラサラ効果。納豆食うひと肩こり知らず。納豆どきの医者知らず。納豆は夏負けの妙薬。納豆めしに食あたりなし。納豆二日酔い防ぐ。
 
納豆の長所をあげたらキリがないほど、納豆はカラダに良いものであるといわれています。

 
わたしも納豆を1日3個食べて腸の汚れ取り!という革新的な健康法を知って以来、納豆を毎日3個!がんばって食べる日々が続いております。その結果は…。不調が治ったとか、劇的に何かが良くなったとか、そいういうのはないものの、なんとなく内臓が前より疲れにくくなっているという実感があります。
 
少々食べすぎても胃もたれしにくくなった、便秘になりにくくなった、肌の乾燥が和らいだ、カラダが軽い…。
 
ほんと些細な変化ではありますが、内臓の調子が整っているという感覚があります。
 
そんな驚異のパワーを持つ納豆を、飽きずにおいしく食べ続けるために、
納豆の本当においしいアレンジレシピを厳選しました。
 



 

1.たくあん納豆

20140904_04
こうちゃんの簡単料理レシピ
 

まずはオーソドックスなアレンジレシピから。
さりげないおいしさがクセになります。
 
 

2.キムチ納豆

20140904_05
misbit.com
 

これぞ王道の組み合わせ。

キムチと納豆を一緒に食べると、体内の脂肪燃焼と腸内洗浄を同時に行うことができるお得さ!また、血液サラサラ効果や骨粗鬆症予防効果が促進されることが分かっています。
http://diet.goo.ne.jp/howto/eat_knk0047_a02.html
 
 

3.長芋納豆

20140904_06
日々是納豆
 
ネバネバコンビ。とってもカラダにいいです。
 
 

4.ポン酢納豆

20140904_13
TONOST
 
醤油の代わりにポン酢をかけるだけのシンプルアレンジ。
 
酢は赤血球を柔らかくして血液の流れをよくする効果があり、納豆には血栓を溶かすという血液サラサラ効果があります。これらを同時に摂取することによって、更に血液サラサラ効果を高めることが出来ます。
http://matome.naver.jp/odai/2137948003287136301
 
 

5.タマネギ納豆

20140904_12
クックパッド
 
タマネギに含まれる刺激成分の硫化アリルが、疲労回復の特効薬であるビタミンB1の吸収率を高め、物忘れなど頭脳の老化を防いでくれます。納豆・タマネギともに、血液サラサラ効果があります。
http://www.natto-japan.com/tamanegi.html
 
 

6.なめたけ納豆

20140904_11
hatena
 
 

7.生卵納豆

20140904_07
http://www.gurum.biz/articles/21399.html
 

忘れちゃいけない、これの存在を。
 
ただでさえうまい卵かけごはんに納豆を追加することで、つるつるっと瞬時に食べることができ、かつ栄養豊富なので、ハードスケジュールの中年男子にはもってこいのアレンジです。飲み込む力が弱まった高齢男子にもオススメですよ。
 
また、一瞬で流し込めるという利便性を活かして、納豆嫌いのそこのアナタは克服のチャンスかもしれません!
 
 

8.大根おろし納豆

20140904_08
おかん幸子
 
 

9.しらす納豆

20140904_10
daiei
 
 

10.シーチキン納豆

20140904_09
日々是納豆
 
 

カラダにいいからこそ、飽きない工夫をしたい

納豆をそのまま普通に食べてばかりいると、よっぽどの納豆ヲタでもない限り、だんだんと飽きてきてしまいますよね。どんなにカラダにいいと分かっていても、やがて見るのも嫌になってしまいます。でもそれでは本末転倒。嫌いになってしまっては元も子もありません。
 
わたしが日本に生まれてよかったと心から思えるのは、一つの食材をとってみても、実に多くの工夫やアレンジが存在することです。マズいものでもおいしく食べる工夫。おいしいものはもっとおいしく食べる工夫。
 
日本食ってほんとうに奥が深いですね。
 
納豆とは古くから伝承されてきた薬膳であり、ソールフードであり、まだまだたくさんの謎と可能性を秘めたスペシャルネバネバである、といえます。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top