謎の不調が続く「遅発型フードアレルギー」とは

By: まほろば自然彩園

なんとなく調子が悪い、慢性疲労、頭痛、めまい、眠気、不眠、イライラ、うつ、集中力低下、肩こり、便秘、下痢、肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎など。
 
こういった慢性的な不調が続く場合、食物アレルギーの可能性があることをご存知ですか。

 
遅発型フードアレルギーという名のこのアレルギーは、症状が現れるまでに時間がかかったり、反応が弱いため、一見して食物アレルギーとは結びつけ難いことが多いのです。そのため、なかなかアレルギーであるとは気づかれにくく、いつまでも不調が続くのが特徴です。



こんな症状思い当たりませんか?

遅発型(潜在性)フードアレルギーの症状

  1. 消化器症状
    消化不良・便秘・下痢・腹痛・吐き気・過敏性腸症候群・腹満感など
  2. 精神神経症状
    不安神経症・頭痛・情緒不安定・うつ・頭が重い・集中力不足など
  3. 皮膚症状
    湿疹・にきび・(アトピー性)皮膚炎・ふけ・じんましん・肌荒れ・多汗など
  4. 呼吸器系
    鼻水・鼻づまり・慢性副鼻腔炎・ぜんそくなど
  5. 泌尿生殖器系
    頻尿・尿意切迫・夜尿症(小児)・月経前症候群・おりものなど
  6. 筋骨格系
    筋肉痛・関節痛・関節炎・関節リウマチなど
  7. その他
    不整脈・慢性疲労・倦怠感・口内炎・むくみ・体重増加など

 

一見フードアレルギーとは関係がないような症状まで含まれるのが、遅発型フードアレルギーの特徴です。すぐに症状が収まればいいのですが、ダラダラといつまでも似たような不調が続くようなら、遅発型フードアレルギーの可能性があります。
 

食物アレルギーによる不調であるなら、体調改善のために食事からアレルゲンを取り除いた除去食に変えたり、溜まった毒を出すことが必要になります。
 

※毒出しについては、過去記事「冷えとり健康法とはなにか?」をご覧ください。
 
 

フードアレルギーは即時型と遅発型がある

食物によるアレルギーには、すぐに症状が現れる即時型フードアレルギーと、症状が現れるまで時間がかかる遅発型フードアレルギーがあります。
 

即時型フードアレルギーの特徴

すぐに蕁麻疹、呼吸困難、かゆみ、くしゃみ、鼻みず、咳、吐き気、嘔吐、アナフィラキシーなどの症状が出る。
 

20150203_01

  • 原因となる食物を食べてから症状が出るまでの時間は通常2時間以内(なかには4~6時間以上過ぎてから症状が出ることもある)。そのため原因となる食物を特定しやすい。
  • 症状が分かりやすい
  • ひどい場合、アナフィラキシーショックを起こし、命にかかわる場合もある。
  • アレルギーを起こす食物が判明していることが多いため、その食べ物を遠ざけるなどして、対応することができる

 

遅発型フードアレルギーの特徴

なんとなく調子が悪い、慢性疲労、頭痛、めまい、眠気、不眠、イライラ、うつ、集中力低下、肩こり、便秘、下痢、肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎などなど。
 

20150203_03

  • 症状が現れるまで時間がかかる。アレルギーが出るまでに、食べてから数時間~数週間かかる。
  • 慢性不調の原因が食べ物にあるとは思わないため、自覚しにくい。
  • 症状が多岐に渡り、人それぞれに違う。即時型のように症状のパターンが決まっていない。
  • 病気ともいいきれないような、あいまいな「不調」であるため、一時的な体調不良やストレスで片付けられてしまうことが多い。
  • すぐ命に関わるような事態になることはほとんどないが、いつもなんとなく調子が悪いというのが続く
  • 原因となる食物がはっきりしないため、気付かないうちに、アレルギーの原因となる食物を摂り続けることになり、炎症がずっと続くことになる。

 
 

常食している食品ほどアレルゲンになりやすい

20150203_02
 
消化管での分解能力とは限界があります。その能力を超えた時、コップから水が溢れ出るようにアレルゲンになります。まるで花粉症のようですね。毎日のように食べている食品は、それだけアレルゲンになりやすいのです。
 
健康や美容のために、毎日欠かさず食べている食品がアレルゲンとなり、逆に体調を崩す事になるとは・・・。
 

好きな食品がアレルゲンにならないようにするには、週4日以上同じ食品を食べないことが大切です。好きな食材は、メーカーの違うものを選んで食べるようにしましょう。
 
 

遅発型フードアレルギーにも2種類ある

  1. 食物そのものが主な原因のパターン
  2. 腸粘膜の破綻が原因のパターン

 

食物そのものが主原因の場合

特定の食物に対して強い反応が見られますが、その他の食物に対してはほとんど反応が見られません。
 
この場合、反応が強く見られる食物を除去することで効果が期待できます。アレルゲンとなる食品を食べない除去食を一定期間続けることで、腸内の抗体免疫が切れます。
 
強い反応を示す食物が多い場合、全てを取り除くと栄養バランスを崩すことになってしまうので、除去食そのものを慎重に行う必要があります。
 
改善後は、頻度を調整しながら、またその食品を食べることが可能です。
 

腸粘膜の破綻が主原因の場合

強い反応が見られる食物も多いのですが、その他のほとんど全ての食物にも、ある程度の反応が見られます。
 
この場合、除去食で簡単に効果が上がるわけではありません。もちろん反応の強い食物を除去することも大切ですが、それ以上に腸粘膜を正常に戻す取り組みが重要です。
 

リーキーガット症候群 [Leaky Gut Syndrome(LGS)]

腸管壁浸漏症候群ともいいます。Leaky = 漏れやすい、Gut = 腸。食物に含まれる細菌や真菌、添加物、化学物質、ステロイド剤・鎮痛剤・抗生物質などの医薬品、砂糖のような精製された炭水化物、アルコール、ストレスなどが原因で、腸のふるいが粗くなる病態です。ふるいのザルの目が粗いと、本来必要のないものまで、腸から体内にはいってしまいます。

まだ馴染みのない症状ではあるものの、着実に現代日本人に増えている問題です。LGSを診断するために検査を行うことはまだ稀です。
 
LGSは、腸管壁における過度の浸透状態を表します。言葉を変えれば、腸管壁に大きな穴が開いて、バクテリア、毒素、及び、食物が漏れ出す症状です。
 
医学的な言葉で定義すると、腸粘膜からの高分子化学化合物質、食物アレルゲン、また、萎縮性粘膜に関連する毒素のの物質透過性が増加する症状となります。
LGS(リーキーガット症候群)について – 栄養医学研究所

 
 

自分がフードアレルギーかどうか調べるには

  • 即時型フードアレルギー ⇒ IgE抗体を検査する
  • 遅発型フードアレルギー ⇒ IgG抗体を検査する

 

日本の病院で検査するのは即時型フードアレルギーだけ

一般的に、日本の病院では即時型フードアレルギー(IgE抗体)しか検査しません。日本の病院で「食物アレルギーはない」と診断されても、それは即時型アレルギーはないという意味でしかないのです。
 

遅発型(潜在性)フードアレルギー検査を受けるには

下記の三番町ごきげんクリニックでは、血液採取による即時型フードアレルギー検査を行っています。
 

三番町ごきげんクリニック(院長:澤登雅一 医学博士)
 

アクセス: 〒102-0075 東京都千代田区三番町8-1 三番町東急アパートメント1101 / TEL: 03-3237-0072 / FAX: 03-3237-0039 / E-MAIL: info@kenko.org / WEB: http://www.kenko.org/index.html
 
診療時間: 【月・火・水・金】10:00〜18:00(最終予約時間 16:30) / 【木】10:00〜21:00(最終予約時間 19:30) 【完全予約制】
 
検査費用: 40,000円(初診の場合には、別途初診料 10,000円が必要)
 
検査の流れ:

  1. 問診
  2. 少量の血液を採取
  3. 採取した血液をアメリカの専門機関に送る
  4. どの食物にアレルギー反応があるか調べる
  5. 約3~4週間で結果がわかる

 

調べる食物の品目は、肉、フルーツ、乳製品、魚介類、スパイス、ナッツ、穀物、野菜など、96種類にのぼる。

 
 

万病一元

病気の種類は数あれど、その原因はたった一つである。それは血液である、というのが万病一元という東洋医学の根本思想です。
 

キレイな血液を作るには、キレイなを作ること。
 

キレイな腸は、医者いらずの若々しいカラダを作ることにつながります。腸は第二の脳と言われるほど、カラダのことなら脳以上に正しい判断力を発揮します
 

脳はカラダに良くないことでも指令を出してしまうことが多々あります。
 

油っこいもの、甘いもの、タバコ、酒、一度摂ると止まらなくなりますよね。これは脳の快楽系が刺激されているからなのですが、脳の欲するままに摂取し続けると、腸や内蔵がそのツケを払うことになります。
 

アレルギーも、つまるところ腸内環境の乱れであるわけです。腸内環境が整っていれば、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑えることができます
 

昔の人はアレルギーの原因となるアレルゲンがカラダの中に入り込んでも、カラダがちゃんと異物だと判断して、ちゃんと外に出していました。
 

つまりそれだけ腸内細菌が豊富で、腸がうまく機能していたわけです。また、この頃の日本人は大きなウンコをしていたといいます。
 

良いの状態を知る

  • 便がスルっと出る。
  • ツヤのある黄土色。
  • バナナのような形。
  • 拭いたとき紙に付かない。
  • ドッサリ出る。
  • 臭いが少ない。
  • 残便感がない。

 

が汚れる主な原因

  • 乳酸(疲労物質)が増加。
  • タバコのニコチンを摂取。
  • 動物性食品(肉、卵、牛乳、バターなど)を摂りすぎている。(脂肪分、アミン、アン モニア、スカトール、インドールなどの有害物質が血を汚す。)
  • 代謝されずに残った糖分。
  • コレステロール、化学調味料、化学薬品を使用したときの各種化学合成物が余分に留まっている。

 

何か一つのことに執着したり、人を恨んだり、くよくよしたり、後ろ向きな考え方や、気が弱すぎるなどといった気の乱れもまた、病と密接につながっています。
 

不調が出てくる場所は、そのとき弱っている臓器か、その臓器とフォロー関係にある部位です。アレルギーも毒出しの一種。薬で表立った不調だけ抑えても、根本的な原因を取り除かなければ、いつか再びその症状が現れてしまいます。根本となるライフスタイルを正し、考え方を正すことが、心身の健康のために大切なのです。
 

参考

 
もっと詳しく見る


 
もっと詳しく見る



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
まほろば自然彩園

まほろば自然彩園

衣食住を真剣に考える。スーパーナチュラルな生活でココロとカラダに栄養を補給しましょう。
Tag:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top