「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた

By: Watanabe

人生初となる、「ヨモギ団子」「ヨモギおやき」作りに挑戦しました!

 

「自分で材料を摘む」 ⇒ 「調理する」 ⇒ 「いただく」という一連の作業が思いもよらず楽しかったことに、自分でも驚いています。
 

普段は「いただく」専門なので、ヨモギの形さえ知らずにこれまで生きてきましたが、河川敷にモサモサ大量に生えていたこの草(しかもタダ ←ここ大事!)が、「ヨモギ」であることを知り、またまたビックリです。



 

材料(団子・おやき共通)

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
 

  • ヨモギ 適量
  • 白玉粉 だいたい200~300gくらい(こねながら調整する)
  • 水 1/2カップ
  • バター 適量 ※1:おやき用

 

※1:材料は「団子」も「おやき」も一緒ですが、おやきの方だけ焼くときにバターを使用します。材料を混ぜ合わせてこねたら、生地を半分に分けて団子用とおやき用にします。
 

白玉粉の量は200~300gとしておきましたが、テキトーでいいです。こねた時にまとまればOK。水の量も適当に調整してください。
 
 

「ヨモギ団子」の作り方

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
 

ではまず団子から。
 

手順

  1. ヨモギをよく洗い、茹でる。
  2. 茹で上がったら水をきり、すり鉢ですり潰す。
  3. 白玉粉を加えてよく混ぜ合わせ、ひとまとめにしていく。
  4. 耳たぶくらいの硬さになったら、生地の完成。
    (これを半分に分けて、片方を団子に、もう片方をおやきに使用する。※2)
  5. 団子の生地を好みのサイズに丸める。
  6. 完成

 

茹でるかわりに蒸してもOK。
 

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた

 

すり鉢を使うのがメンドーなときは、ミキサーを使って片手でワンタッチ☆でピューレ状にしちまってください。
 

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
 

不揃いなのもカワイイなー。
 

( ´_ゝ`) アハハハハハ
 

なかなかタンパクなお味なので、ここにきな粉(きな粉 + 砂糖 + 塩を混ぜたもの)をかけると丁度いい甘さになります。
 
 

「ヨモギのおやき」の作り方

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
 

ヨモギ団子の手順で作った生地 1~4(※2)の残り半分を使います。
 

手順

  1. 「ヨモギ団子」の手順と 1~4まで同じ。
  2. 生地を楕円形に丸める。
  3. フライパンにバターをひき、丸めた生地を焼く。
  4. 軽く焦げ目が付いたらひっくり返し、両面をこんがり焼いたら完成。

 

バターとヨモギの香りが芳しく、カリッとした食感がたまらない美味しさです。
 
 

おまけ!「ヨモギの団子おやき」

「ヨモギ団子」と「ヨモギおやき」を作ってみた
 

団子の味が素っ気なかったので、おやきと同じようにバターで焼いてみました。一口サイズの団子おやき、団子のまま食べるよりも美味しかったです。
 
 

ヨモギ料理を作ってみて

人生で初めて自分でヨモギを摘んで料理しました。形はいびつですが、作るのは楽しかったです。このブログを始めてから、「人生初」の体験が増えたように思います。
 
 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
Watanabe
絵描き。完全菜食になりつつある。健康オタ。1年の半分を山形で過ごし、家庭菜園向けの自然栽培を実践中。日々の暮らしの中で、心地よく感じるモノ・コトをシェアします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top