暑い日にはキンキンに冷えたビールがいいですね!ただ気になるのはポコッと出た下腹・・・。今回はそんなビール腹についてです。



ビール腹の原因

ビール腹とはビールの飲み過ぎによるポコッと出たお腹ではなくビール樽のようなお腹という意味の様です。アルコールは高カロリーですが、ビールのアルコール度数はあまり高くはありません。
 

ですが、ビール好きの方はポコッと下腹が出ている方が多いようです。その原因としては一緒に食べてしまうおつまみですね。
 

どうやらアルコール度数の低いものを好む人の方が肥満率が高いみたいですが、それもおつまみの食べ過ぎや飲食にかける時間も長めになって摂取カロリーが増えてしまうことが原因になっているようです。
 
 

ビール腹の対策

単純に摂取カロリーをどうにかすると考えるなら運動してカロリーを消費したり糖質カットされている低カロリービールを飲めばいいと考えたりすると思いますが、それほど長続きしない方法かと思います。自分もその方法ではすぐに断念してしまいそうです。
 

楽なのはおつまみの種類を変えることですかね。肉類や油物は脂肪分が多いので、できるだけ野菜をおつまみにするのがいいですね。みずみずしいトマトやキュウリ、キャベツなどがいまの季節だといいですね!野菜に含まれる食物繊維は余分な脂肪分を吸収してくれる役割も果たします。
 

また豆腐や枝豆などの豆類は体の代謝を上げる食物なのでおつまみにいいです。肉類を食べたい時はささみや砂肝などの脂肪分がすくない部分の肉を食べるといいですね。
 

また、飲み食いした後にすぐに寝てしまうと脂肪が蓄積されやすいので注意したほうがいいですね。
 
 
以上となります。おつまみに注意してビール腹にならないように楽しくビールを飲みましょう!



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
胃腸が弱い老BOY スナGO
どうも、スナGOです。毎日の通勤で腹痛に襲われる日々を抜け出すべく、体質改善中です。キモチは若いのに、外見はいつも老人に見られます。