初心者でも吹きこぼれないと噂の炊飯土鍋「萬古焼 ご飯釜 3合炊き 窯変天目 13688」を使って、ご飯を炊いてみました!



土鍋の魅力

  • 蓄熱性、保温性に優れるため、予熱調理ができる。
  • ゆっくり温度が上昇する特性が酵素の働きを支え、食材から天然のうまみを引き出す。
  • 温度が少しずつ下がっていく過程で、食材に味がしっかりしみ込む。
  • 食材が煮くずれしにくい。
  • 圧力鍋のように無理な加熱で食材の組織を壊すことがない。
  • 遠赤外線効果で、食材の内部を芯から温め、ふっくら柔らかくなる。

など。
 
 

萬古焼 窯変天目

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

持ってみるとずっしり重い。小玉スイカくらい?
 

蓋もボディーも厚さがハンパなく(そこがウリ)、重厚感があります。
 

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

この分厚く重い蓋(一重)が火加減の調整を簡単にして、適度な圧力をかける事によってごはんがおいしく炊けるのだそうです。
 

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

ちまたでは二重蓋の炊飯土鍋も人気のようですが、私はお手入れがラクな方がいいので、一重蓋のものにしました。それにこの厚手蓋なら、二重蓋の役割も兼ねているといえるでしょう。
 
 

炊き方は簡単!

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

  1. 米をとぐ
  2. 浸水(20~30分)
  3. 強火で炊く
  4. 蓋の隙間から蒸気が吹いてきたら、火を止める
  5. 蒸らす(20分)

 

3号なら炊き込み時間13分。蒸らし時間を入れても、炊飯器よりずっと早くツヤプリごはんが出来上ります。
 

ポイントは20~30分の浸水と、蒸らす際に蓋を取らないこと。
 

初めての土鍋炊飯でしたが、吹きこぼれも全くなし。拍子抜けするくらい簡単でした。
 

鍋の縁の部分が高いのと、厚手の蓋との相乗効果で、たとえ少々噴き出したとしても外にこぼれにくくなっています。また、この鍋は3号炊き用となっていますが、5号まで炊くことができます。なんとも便利!
 

※最初に土鍋を使い始める前に、米の研ぎ汁や小麦粉を入れた汁を煮立てて「目止め」をしましょう。土鍋の水漏れを防ぎ、丈夫で長持ちします。
 
 

ごはんがピッカピカ

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 
土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 
まず蓋を開けてみて一番驚いたのは、炊きあがったごはんがピッカピカだったということです。そして米粒が立っている・・・。炊飯器を使っていた時には見たこともない光景です。
 
これが土鍋炊飯というものかー(( ;゚Д゚))ブルブル
 
 

冷めてもおいしい

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

むしろ冷めた方が甘みが増すというミラクル。
 
 

こびりつかないのが嬉しい

土鍋でごはんを炊いてみた!「萬古焼 窯変天目」使用
 

ご飯が冷めてもつるんと取れます。
 

土鍋って内側にこびりつくものだと思っていたのですが、この鍋は全くこびりつきません。毎日使うので、お手入れがラクなのはありがたいですね。
 
 


初心者でも安心!吹きこぼれにくい炊飯鍋

特徴:高品質のペタライト(耐熱原料)を使用 / ご飯を美味しく炊く為の厚くて重たい蓋(一重蓋でも圧力を上手に保つ構造) / 熱のあたりがやわらかく蓄熱性が高いので、お米を包む様に熱を伝える事が出来る為、ふっくらと炊き上がる / 火を止める時間を少し伸ばせば、香ばしいおこげ付きご飯も作る事が可能

もっと詳しく見る


 

土鍋炊飯をやってみて

土鍋でご飯を炊く。それは高度なテクニックを要することだと思っていました。しかし実際やってみて、思いもよらずあっさりと出来てしまい、正直「えっ??(∵)」という感じでした。最初は失敗するだろうと覚悟していたのに。
 

感動を覚えました。この鍋を開発した人々に乾杯。そしてこのデザインを考えた人にグッドデザイン賞と私が書きなぐったメモ紙を差し上げたい思いでいっぱいです\(∵)/
 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でまほろば自然彩園をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
わたなべ
アートと自然を愛するライフスタイルデザイナー。日々の暮らしの中で、心地よく感じるモノ・コトをシェアします。